POS利用で簡単管理!使いやすさランキング

TOP > POS情報 > POSレジで飲食店の在庫管理をすべき理由

POSレジで飲食店の在庫管理をすべき理由

 飲食店においてPOSレジを導入するメリットはいくつかあります。Points of salesの略号通り、商品が売れた時点でリアルタイムに集計をするというシステム。
 つまり、店が閉まった後で集計をしないと何がどれだけ出たのかわからないような管理ではなく、商品が売れた瞬間にデータ化出来るわけですから、リアルタイムに把握出来るのは売上だけでなく、在庫も同様です。
 ただし、速いスピードで出た商品を知ることが出来るとは言え、実際にはパソコンに向き合ってデータを確認する時間が確保出来ないという現場の声もあります。
 そうした面から、近年ではスマートフォンなど手元の携帯端末で使えるレジアプリなども開発されています。


 何より飲食店にとって有効なのが、伝票をただのメモ書きではなく、瞬時に管理データに変えることが出来る点です。
 経営者にとって何より重要なのが伝票管理ですが、伝票データを分析することが出来れば、顧客がどのようなメニューを選び、どれくらいの数を頼んだかによって店の傾向を掴むマーケティングに利用することが出来ます。
 そしてそれをPOSレジと併用することで、売上商品の情報全てと紐付け、在庫管理の効率化を図ることもできます。
 リアルタイムに何がどれだけ残っているか、どのタイミングで何をどれだけ発注すればいいかが一目で把握出来るのは、独立店でもチェーン店でも非常に有効な経営管理につながります。


 導入のメリットは数多くありますが、初期費用をデメリットと感じる経営者も多いでしょう。
特に大きな資本のチェーン店ではなく独立店や個人店など、今後拡大を狙う店舗にとっては、確かに決して安くはないシステム導入は難しいコストになるかもしれません。
 ただ、近年では格安端末利用したタブレット型のシステムも開発されており、事情は大きく変化しつつあります。もし、以前導入を検討して断念した事のある経営者の方でも、再度システムを見直してて見積もりを取り直してみる価値は十分にあります。
 商品の管理、商品情報の管理、顧客の管理、売上管理を同時に行い、業務上の金銭的なミスや、万が一の不正などをその場で防止出来るシステムは、安易に人を雇うよりもずっと安価で確実な投資ではないでしょうか。
 データの使い方によっては、単なる数字の管理だけでなく、マーケットの情報や流行のトレンドを知り、自社店舗の業務の効率化や仕入れの効率化を改善する切り札として使える可能性もあります。

ページトップへ