POS利用で簡単管理!使いやすさランキング

TOP > POS情報 > タブレットPOSを導入するメリット

タブレットPOSを導入するメリット

 一般的となっているPOSシステムの場合には、レジ端末価格に関しては10万円以上であり、販売情報集計システムによる導入費用などを含めれば、初期費用に関しては100万円を超えてしまう場合があります。
 ただし、タブレットPOSによる場合、安価なタブレット端末を利用していくことによって初期費用を10万円以下に抑えることができ、しかも、クラウドサービスと連携させていくことによって月額数千円から利用することができるサービスもございます。
 また、高すぎて従来によるこれらの導入に踏み切ることができなかった零細企業や個人事業者においてはタブレットPOSを導入し始めています。


 また、全店の売り上げに関してはオンライン上においてリアルタイムによって反映かつ集計されますから、店舗に関しては複数あるような場合には、店舗と本部が離れているような場合においてもリアルタイムな売り上げ管理をすることができます。
 しかも、返品や誤打の訂正や廃棄処理といわれる売り上げにならない在庫移動に対しても対応しています。
 そして、手入力によって在庫調整が完結しますから、面倒な作業に関しては必要ございません。
 そして、レジの担当者においては店舗ごとや全店共通によって設定することが可能となります。
 しかも、担当者別に売り上げに関しては確認することもできますから、アルバイトに関する管理や引継ぎ、後日の返品対応などに対しても役立つようになっています。


 また、販売データをクラウド上において集計した上で、商品ごとによる売り上げ傾向を分析することができます。
 しかも、ABC分析による在庫調整や重点商品の販売促進やRFM分析やCPM分析による顧客に関する囲い込み施策など、これらのレジの情報を活かした上で様々な角度より現状分析をすることができます。
 しかも、蓄積されているCRM情報を元として顧客が買いそうな商品をシステムが分析しますから、スタッフのスキルに頼らないような高度な接客をすることができるようになります。
 そして、あらかじめ、商品画像や詳細情報に関して登録しておくと、商品が手元にない場合でもその場にて紹介や会計処理を行うことができるようになります。
 また、欠品時やイベント、他店舗やECサイトにて扱っていてもその店舗において扱っていないような商品がある場合など、様々な場面において取りこぼしを防いでいくことが可能となります。 なお、商品知識が少ないスタッフにおいても、商品の詳細情報を確認した上で、正確な情報に関して顧客に伝えていくことができるため、接客に関する質の向上につながるでしょう。

ページトップへ